静的ストレッチ(スタティック・ストレッチ)のコツ - 首の こり 肩の こり

スポンサード リンク


静的ストレッチ(スタティック・ストレッチ)のコツ

静的ストレッチ(スタティック・ストレッチ)のコツ

について






 デスクワークなどで同じ姿勢をとっていた後や、エクササイズやダンスなど動いた後に筋肉を

ほぐしていくことで、コリや筋肉のバランスの悪化を予防できます。ストレッチは日常生活で

疲れ知らずの体を作るには、欠かせません。

 私たちは、何かとイライラして、暴飲暴食へ突き進みがちです。ストレッチしましょう。

ストレッチした際の感覚刺激が中枢神経に伝えられ、リラックスした状態の副交感神経が

優位になります。ストレッチングでストレス知らず、疲れ知らずの体に!

 ストレッチを行う際には、伸ばしたい骨格筋がリラックスしている状態で、

「どの筋肉を伸ばしているのか意識する」事がポイントです。

 柔軟性、関節の可動域には個人差があるので、鋭い痛みが感じる手前の、イタ気持ちいい

範囲内で行うことです。息を吐きながらターゲットとする筋肉を伸ばし、その状態を

10-30秒キープします。 呼吸を止めてしまうと、筋肉が緊張してしまうので、「ハー」と

声を出しながらでも呼吸を止めないようにします。

 「筋紡錘(きんぼうすい)」センサーが働き、筋肉が反射的に収縮する伸張反射が起き、

伸ばしているはずなのに、逆に筋肉が収縮してしまわないように反動を使わないことが

静的ストレッチ(スタティック・ストレッチ)のコツです。

 動的ストレッチングと静的ストレッチング





静的ストレッチ(スタティック・ストレッチ)のコツ

についてでした。

首の こり 肩の こり  静的ストレッチ(スタティック・ストレッチ)のコツ

  


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。