ドライアイ 涙目 VDT 眼精疲労 肩こり - 首の こり 肩の こり

スポンサード リンク


ドライアイ 涙目 VDT 眼精疲労 肩こり

ドライアイ 涙目 VDT 眼精疲労 肩こり

について

 角膜や結膜が乾燥する病気のドライアイは、しばしば眼精疲労を伴います。物が見にくく

なるために、よく見ようとして不自然な姿勢をとり、それが肩凝りなどを引き起こします。

肩こり、頭痛やめまい、吐き気、倦怠感の原因となります。

 目の乾燥感、不快感やゴロゴロ、痛み、赤み、かゆみ、疲れ、重い感じ、光がまぶしい、

目ヤニなどの症状のドライアイ。涙の量が減りすぎると、目への刺激で涙目になることも。

目の循環システムや涙液の流れが、機能しなくなるのがドライアイです。

 目に潤いを与えることがドライアイ対策となります。点眼薬や温かいおしぼりを目に当てる、

湯飲みの湯気で潤すことです。眼科医での治療は段階的に行われます。人工涙液点眼、ヒアルロン

酸点眼を行いますが、シリコーンやコラーゲンのプラグを涙点に挿入する治療法もあります。

 画像情報端末(Visual Display Terminal.....VDT)が現代人の眼精疲労に大きくかかわっています。

目の疲れは、テレビを見ているのと比べものになりません。VDT作業中はまばたきの回数が極端に減り、

涙が蒸発してドライアイになりやすくなります。視力や眼圧、眼底、視野、眼球運動などの検査を受け

ましょう。

ドライアイ 涙目 VDT 眼精疲労 肩こり

についてでした。

首の こり 肩の こり  ドライアイ 涙目 VDT 眼精疲労 肩こり



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。