ストレートネック 整形外科 スマートフォンシンドローム スマホ症候群 症状 手のしびれ 斜角筋 - 首の こり 肩の こり

スポンサード リンク


ストレートネック 整形外科 スマートフォンシンドローム スマホ症候群 症状 手のしびれ 斜角筋







 背中を丸め、顔を下に向けスマートフォンや携帯電話、携帯ゲーム機の画面に見入ると、

斜角筋が強く緊張し、頸椎の自然な湾曲が失われてしまうストレートネックの危険が。

 千葉市稲毛区の稲毛整形外科・南出正順院長は「20、30代の女性に多い。女性は

男性に比べて首が細く筋力が弱いため、頭の重さを支えられない。若い女性の半数以上が

ストレートネックではないかとも言われています」と指摘する。

整体師さんが開発!寝ている間に背骨を正す♪肩こりに首のこりに★快福枕★

 慢性的な肩こり、首のこりの他、手のしびれや頭痛、めまい、目の奥の痛み、吐き気と

いった症状が出ることもあるストレートネック。

 小さな画面に多くの情報を表示させようと、小さな文字で読んでいると、首や肩への負担

だけでなく疲れ目やドライアイにもつながる。こうした一連の症状は、スマホ症候群、

又はスマートフォンシンドロームと呼ばれる。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。