夏に向けて 頭皮ケア 育毛シャンプー パサつき ハリやコシ 枝毛や切れ毛 痩せ毛 痛んだ髪 - 首の こり 肩の こり

スポンサード リンク


夏に向けて 頭皮ケア 育毛シャンプー パサつき ハリやコシ 枝毛や切れ毛 痩せ毛 痛んだ髪

頭皮のケア=スカルプケアが大きな注目



 健やかで美しい髪でいるためには、育毛シャンプー、トリートメントなどは勿論、

頭皮のケア=スカルプケアが近年、大きな注目を集め始めています。



紫外線が頭皮に与える影響 薄毛が進行



 夏の紫外線量は、冬と比べると「6倍」になります。顔や身体には紫外線予防として、日焼けどめ

などのケアを行いますが、紫外線が頭皮に与える影響もかなりのもの。

 毛母細胞が紫外線を受けるとと、抜け毛の原因となるだけでなく、髪の毛そのものが

つくられなくなり薄毛が進行していくのです。



夏に向けて髪を育てる土壌をケア



 頭皮という、“髪を育てる土壌”をケアすることは、夏に向けて必須。

何もケアをしなくても、健康で艶やかな髪を保てるのは20代くらいまで。

30代を過ぎると徐々に、パサついたり、ハリやコシがなくなったり、毛が痩せたり、

枝毛や切れ毛が増えたりします。



カラーやパーマ、アイロンでの巻き髪、髪飾りや髪型の工夫



 髪に関しては、カラーやパーマ、アイロンでの巻き髪、髪飾りや髪型の工夫など、

という方も多いかと思いますが、これらは逆に、髪の健康を損ねる原因となることも多く、

どんなヘアスタイルも決まりにくい、痛んだ髪にしてしまっていることも。




男性は、シャンプーの香りに弱い



 男性は、シャンプーの香りに弱いもの。癒される香りの育毛シャンプーを見つけましょう。

ラウリル硫酸Naなど成分名に“硫酸”がつく硫酸系の洗浄剤を避けると頭皮と髪が喜ぶのです。

まずは、毎晩育毛シャンプーをしましょう。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。