貧乏ゆすりジグリングは股関節に負担をかけない運動療法と注目されています - 首の こり 肩の こり

スポンサード リンク


貧乏ゆすりジグリングは股関節に負担をかけない運動療法と注目されています



 貧乏ゆすり(ジグリング)は股関節に負担をかけない

運動療法と注目されています。

貧乏ゆすりジグリングは股関節に負担をかけない運動療法と注目されています



 貧乏ゆすりをすると関節周囲の筋肉が

リラックスした状態になり、

軟骨への負荷が軽減されて栄養供給が増え、

徐々に軟骨が再生されていくらしい。

 貧乏ゆすりは、つま先を床につけたまま踵を

浮かせるように上下に小刻みに震わせるような

動きですね。

 貧乏ゆすりはみっともない等と言われますが、

これが注目の運動療法とは!

脊椎や骨盤の変形で70代で初めて股関節に症状が



 脊椎や骨盤が変形し傾きが生じて股関節の屋根の

被りが浅くなり、片方の股関節だけに負担が

かかって臼蓋がつぶれてしまう病気は、

70代で初めて股関節に症状が出てくる

ような場合などには脊椎や骨盤の変形に

伴って起こっているらしい。

臼蓋形成不全に伴う変形性股関節症は50歳前後で症状



 臼蓋形成不全に伴う変形性股関節症は

50歳前後で症状に気付くと言います。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。